全日本ローソク工業会

  Japan Candle Industry Association


トップページ 当工業会について お知らせ H29/5/23更新 ローソクあれこれ 安全な使用方法 会員名簿
 

 ローソクあれこれ---ローソクの起源


ローソクはその定義を「蝋等の固形の燃料に綿糸や紙等でできた芯を埋め込んだもので、芯に火を点して灯りとして用いる物」とすればその歴史は古く、クレタ島で発掘されたミノス文明時代(紀元前3000年頃)の燭台からこの頃には存在していたと考えられる。
また紀元前1300年代のツタンカーメン王の墓から4個の燭台(写真)が発見されているし、古代ローマの博物学者プリニウスはその著書「博物誌」の中で、紀元前3世紀年頃のエジプトで蜜蝋をパピルス草や藁(わら)を束ねたものに塗ったローソクを寺院で使用したと記している。同じ紀元前3〜4世紀エルトニア(紀元前6世紀ローマ近辺に建国)の遺跡であるゴリニー一世の墓の壁画(右の画)には実際のローソク(円内)が描かれている最古のものとされている。              

一方東洋では中国の戦国末期(紀元前3世紀頃)のものと認められる河南省洛陽県金村の墳墓から青銅製の燭台が発掘されている。これが現在では東洋における最古の証拠とされている。
戻る


Copyright © 2014 全日本ローソク工業会 All rights reserved.